お葬式や告別式を行う

お葬式は遺族や故人に近い人が故人の成仏を祈る儀式であり、告別式は故人と深く親交があった人が最期のお別れをする儀式となり、お葬式と告別式は、元々は別の儀式となります。しかしながら、近年では区別がなくなり、親族に続いて会葬者も焼香を行うスタイルが一般的となっています。

お葬式や告別式の流れとしては、遺族や親族が集まり式場に入ります。参列者が全員揃ったら僧侶も入場し着席した時点で開式となりますので司会者が開式の挨拶を短く行います。僧侶が読経を開始したら、喪主、親族の順に焼香を行い、その後に参列者が続いて焼香をしていきます。全員が終了したら、司会者が弔電を奉読し、告別式を一旦終了する為閉式の宣言を行います。

出棺となりますので、祭壇に飾られていた生花や故人ゆかりの愛用品等を棺に入れ、最期の別れの儀式を行います。遺族、親族、親しい友人によって棺を霊柩車まで運ぶ際には、僧侶が前に立って、位牌を喪主が持ち、次の親族が遺影を持ちながら先導を行います。棺が霊柩車に運ばれた後、代表者として喪主からの挨拶があり、火葬場へ出発となりお見送りをします。火葬後に収骨を行い、場合によってはそのまま初七日の法要が行われることがあります。