お葬式の事前準備

お葬式を行うとなると、短い時間で手配しなければいけないことが沢山あります。多くの場合が葬儀社に相談しながら進行していきますので、予算のことや本人の希望をふまえながら1つ1つ問題をクリアしていきましょう。

お葬式のおおまかな事前準備としては、まず故人の意志を継ぎ中心をなって供養を行う人物である喪主を決めたら、寺院等に連絡をしておきます。お葬式の形式をどうするのか、会葬者の人数を予想して規模の大きさを決定し、自宅や寺院、セレモニーホール等、お葬式をどこで行うか、また火葬場の予約等も行い、日程の調節をしていきます。基本的に火葬場の予約が取れないと他の段取りが組めませんので、火葬場が休みの日や友引きの日を避け、まずはきちんと予約がとれるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

お葬式内容については、祭壇や棺、骨壷や供えるお花等、細かく決めていきます。祭壇はお葬式において重要な役割を果たし、また祭壇によって見積もりも大きく異なりますので慎重に選ぶ必要があります。さらに、香典返しの為の品を手配して、通夜やお葬式の後に行う会食の為の料理も予算に応じて決定します。式の内容や装飾等を決めて、見積もりを出してもらって確認し、契約を行います。