お葬式の日の決め方

お葬式の事前準備で日程を決める際、どのように決めたら良いか悩む人も多いと思います。故人が亡くなってから24時間以内には火葬をしてはいけないという決まりがありますので、自宅葬や家族葬といった一般的なお葬式はもちろん、一日葬や火葬式を希望する場合でもその決まりを考慮する必要があります。自宅、安置施設に安置する時間等を含めて日程の調節を行い、関係者、参列者に電話やメールで知らせます。

日を決める際には、火葬場について注意が必要です。火葬場は年中無休ではなく、休館日がありますので確認しておきましょう。また混み合う時期もありますので、火葬場の空き状況によってお葬式の日が左右されることもあります。特に人口が集中する都心部においては、火葬場が不足している地域もありますので、まずは依頼する火葬場の混雑具合を確認しておきましょう。

加えて、友引きの日は友を引いていってしまうという意味合いがある為に、お葬式の日としては不適切というのが一般的な認識です。その為、友引きの日が休館日である火葬場も多い為事前確認が必須となります。時間帯は、通常通夜の場合は17時頃から21時頃、告別式の場合は朝9時頃から昼の12時頃まで行われます。