お葬式の後にすること

お葬式が終わったら、香典返しについて考える必要があります。香典返しとは、通夜やお葬式、告別式にもらった香典のお返しとして品物を送ることいいます。本来は、香典が物品だった頃、お返しをせずにお葬式後の挨拶回りをして感謝の意を伝えれば良しとされていました。しかしながら、香典として現金が包まれるようになってから、弔問への感謝の気持ちを込め、四十九日が終わった忌明けに香典返しと挨拶状を送ることが慣習となりました。

香典返しをするタイミングは、喪に服す忌中を終えた忌明けから1ヶ月の間とされています。お葬式後に香典や供仏帳を確認し、名前、住所、電話番号、故人との間柄、香典の金額等を考慮して香典返しリストを作成します。全員に同じ物を送るケースもありますが、金額が大きく異なることもありますので、金額別に行うことで、いただいた香典の額と出ていく香典返しの額に差額ができますので、お葬式の為に使うことができるメリットがあります。

ただし、近年、四十九日の法要を待たずに通夜やお葬式、告別式が終わった後に式場で渡す当日返しを行うケースも増加しています。当日返しの場合、香典帳の整理をしなくて済み、配送料もかかりませんが、高額な香典をいただいた相手には、後日改めて香典返しを送る必要が出てきます。