お葬式における通夜の準備

現在、お葬式は2日間にわたり行われ、1日目が通夜で翌日にお葬式や告別式を行うスタイルが主流です。通夜は遺族や親族、故人と親しくしていた人等が故人に最期の別れをして冥福を祈り、一緒に過ごす大切な時間となります。昔は通夜という通り、遺体に朝まで付き添っていましたが、現在では夕方5時か6時頃から徐々に弔問客が訪れ、開始されてから2時間程度で終了となるケースが多くあります。閉式後には通夜料理の席が設けられることもあり、事前に様々な手配が必要となります。

通夜当日までに行う準備としては、お葬式の日程が決まったら早目に参列者に電話やメール等で連絡をします。まずは親族から行い、友人、知人、職場の人、学校、その他関係者の順に個人、代表者に宛てて告知をします。通夜では喪主や遺族は全てを対応することはできませんので、親族や友人、近所の親しい人等にお手伝いを依頼しておきましょう。

さらに、通夜の参列人数が大方わかったところで、通夜が閉式した後に出す料理の手配を行います。料金や内容、量についてはお葬式屋と相談をします。また、供花も親族一同まとめて注文を行います。遺族以外からの供花の受付は、葬儀社に直接注文を行ってもらうよう依頼します。